歯科コラム

インプラント治療はなぜ自由診療なのか?保険治療との違い

2017年10月4日 (水)

なぜ「インプラント治療」は「保険診療」にならないのか?

なぜ「インプラント治療」は「保険診療」にならないのか?
一般的に診療には「保険診療」と「自由診療」の2種類があります。これは歯科でも同様であり、おもに虫歯や歯周病の治療が「保険診療」、インプラントや審美治療が「自由診療」とされています。しかし「保険診療」とされているものと「自由診療」とされているものには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は「保険診療」と「自由診療」の違いと、「自由診療」の代表的な治療であるインプラントが「保険診療」ではない理由についてご紹介します。


保険診療と自由診療の違い

「保険診療」と「自由診療」の違いは、まず保険が適用される治療と適用されない治療であることですが、保険が適用となる治療の基準はどういったものなのでしょうか。
まず「保険診療」とされている虫歯や歯周病の治療は、感染症や疾病に対する治療と言えます。

虫歯や歯周病は誰しもかかる可能性があるものであり、治療をせずに放置をすると歯が失われ、それにより体の健康にも影響することがわかっています。そのため虫歯や歯周病にかかってしまった場合、保険を適用し、一部の治療費を負担することで誰でも治療が受けられやすくなっています。

また、虫歯や歯周病のように健康に影響すると認められた症状に対するそのほかの治療も保険が適用されています。よって抜歯をはじめとした外科治療、歯の被せ物や入れ歯の作製なども保険の範囲の治療となります。このことから健康に影響すると認められない症状に対する治療全般は保険適用とならず、「自由診療」の範囲となってきます。

また「保険診療」で作る被せ物や入れ歯には、使用できる材料が制限されています。
被せ物の場合は「12パーセント金銀パラジウム合金」で作った「銀歯」とされており、入れ歯の場合は「レジン」で作ったものとされています。これ以外を使用した被せ物や入れ歯はすべて保険適用外となり、高額な費用が発生することになります。

インプラントが保険適用にならない理由

インプラントが保険適用にならない理由
歯を失ったあとの治療としてブリッジや入れ歯が保険適用となるのに対し、インプラントが保険適用とならないことにはどういった理由があるのでしょうか。その理由のひとつは、インプラントに費やされる知識や技術にあります。インプラントは人工歯根を顎の骨のなかに入れ、そこに人工歯をつけて自然な歯とほぼ同等の違和感のない快適な噛み合わせを作る特殊な治療です。

この治療を行うには専門的な知識がいくつも必要となります。まず安全に人工歯根を顎の骨に入れるためには、骨の状態に詳しくなる必要があります。そのためには解剖学の知識を取り入れなくてはいけません。

またインプラントを使って食事をする際に、インプラントに強く負荷がかからないように噛み合わせを調整する必要があります。これには歯の噛み合わせに関する専門知識が必要となります。さらに人工歯根やインプラント治療で使用する道具はすべて特殊なものであるため、これを扱うための専門的技術も必要です。

これらはインプラント治療を扱う歯科医院が独自に導入しており、義務化されているものではありません。そのためインプラント導入に生じた費用は歯科医院自身が負担しなくてはいけず、発生した費用に応じて治療費も高く設定されるのです。そして二つめの理由は、保険診療は必要最低限の治療しか認められていないためです。

虫歯や歯周病で歯を失うことで食事が難しくなると、健康に影響する可能性が出てきます。これに対処するために入れ歯を作ることは保険診療として認められます。しかしインプラントの治療を行い、入れ歯以上に安定感のある噛み合わせを求めることは保険診療を逸脱してしまうため、インプラントは自由診療とされています。

保険診療の問題点

虫歯や歯周病の治療を保険診療として受けられることは、多くの方が良いことと感じられているかもしれません。しかし、保険診療には大きな問題点があります。それは、保険診療はすべて最低限の範囲で行われている治療であるということです。

保険診療で行える治療には、すべて保険点数というものが決められています。この点数を超える治療を行うことは保険診療では認められていないため、その範囲を超えない治療のみ患者様に提供することができないのです。それゆえに提供できる治療が限定されてしまい、人によってもっと質の高い治療が必要であったとしても、保険診療の範囲内でそれを行うことはできないのです。

またその影響により、一度の診療で患者様に提供できる診療の範囲も限定されてしまいます。患者様のなかには小さな虫歯の治療を行う方もいれば、大きく進行してしまった虫歯を治療する方もいます。小さな虫歯は簡単に治療できても、大きな虫歯の場合は時間をかけて数回にわたって治療を行う必要があります。

これを保険診療の範囲で治療を行うと、一度の来院で行える治療はとても限定されます。
そのため大きな虫歯を治療するには何度も来院しなくてはいけず、来院を少なくするためには保険診療の範囲を超えた自由診療の範囲で治療を行わなくてはいけないのです。

また、保険診療による限られた治療は患者様だけでなく歯科医院も苦しめています。診療を継続していくためにはそれなりの経営費が必要ですが、保険診療で得られる収入は必ず限られます。そのために限られた診療時間内に多くの患者様を治療しようとすると、ひとりひとりに提供できる治療の質はどうしても低下してしまいます。

それゆえに患者様もあまり快適な治療は受けられなくなり、一日の来院患者が多い歯科医院はそういったリスクがあると敬遠されがちになってしまいます。このようなさまざまな問題を解消できるのが、自由診療の存在なのです。自由診療であれば限られた時間のなかで質の高い快適な治療が提供でき、本来であれば時間がかかる治療も時間を短縮化させることができます。

保険診療で決められた以上の治療を患者様に提供できないことに歯がゆさを感じていた歯科医師も、自由診療があることで患者様が希望する治療を提供できるのです。

■自由診療は必要なもの
自由診療ではどうしても保険診療より高い治療費が発生してしまいがちであるため、費用を抑えたい患者様にとってはあまり喜ばれないものであることも確かです。
しかし、保険診療の範囲では治療が難しい患者様や、保険診療では得られない質の良さや快適さを求められる患者様にとっては、自由診療はなくてはならないものです。
また保険診療で提供できる治療は少しずつ変わってきています。今後、保険診療でさらに多くの患者様が満足できる治療が提供できるように変わっていくことを祈るばかりです。

最新歯科コラム
2018年07月17日

生涯の残存歯数は昔と比較して多くなってきているといわれていま…【続きを読む】

2018年01月10日

インプラントは人工歯根に人工歯を被せたものです。全てが人工物…【続きを読む】

2017年10月4日

なぜ「インプラント治療」は「保険診療」にならないのか? 一般…【続きを読む】

ORCインプラントクリニック大磯 ザイゴマインプラントセンター

TEL.0463-62-1801 完全予約制

〒255-0005 神奈川県中郡大磯町西小磯286-39
他医院で入れたインプラントのメンテナンスやホワイトニング等も行っております。
ORCグループ 1都3県で展開 安心のORCグループ

安藤歯科医院ORCインプラントセンター東京

安藤歯科医院
ORCインプラントセンター東京
TEL.046-462-1800

〒175-0082
東京都板橋区高島平1-57-6

ORCインプラント矯正センター埼玉

ORCインプラント矯正センター
埼玉
TEL.046-462-1800

〒351-0012
埼玉県朝霞市栄町4-5-11

ORCインプラントクリニック大磯ザイゴマインプラントセンター

ORCインプラントクリニック大磯
ザイゴマインプラントセンター
TEL.046-462-1800

〒255-0005
神奈川県中郡大磯町西小磯286-39

高原歯科医院ORCインプラントセンター静岡

高原歯科医院
ORCインプラントセンター静岡
TEL.046-462-1800

〒413-0235
静岡県伊東市大室高原8-500

^